ファッション通販においてハンドメイド作家参入の現状

近年では、本格的なハンドメイド作品をする人々が増え、大規模なフリーマーケットやマルシェ、フリマアプリなどを通じて、俗にいうハンドメイド作家と呼ばれる人々が増加しています。これらのひとびとのファッション小物や洋服などは、プロと呼べるレベルのものも多数ありますが、作家と呼べる線引きは難しいものです。しかし、このような中で、実際にアパレル業界での経験もあり、実力も伴い名をあげ、個展、出版、ホームページでの通販などを行ない、コツコツと利益と確実な顧客を集め、インターネットでの起業にいたり、通販で注目を浴びている人々もいます。ハンドメイドが急激に流行り、自ら作家と名乗る人々が増えましたが、その中で本当の作家と呼べる人というものはオリジナルの個性あふれるファッションデザインセンスと技術を持ち、フリマアプリなどではなく、ホームページ上での集客をあげ利益を得ている人、つまりはそれを主体とし生計を立てるにまで至った人といっていいでしょう。

実際にここまでに至る人は、現在では数えきれないほどのハンドメイド作家と名乗る人々の中のまだ、ほんの一握りといってもいい状況ではありますが、まだまだこれからもこの中から一流と呼べる作家、またはデザイナーとなりブランドとしてみとめられる人が多数でくる傾向にあります。事実ファッション通販において、画一化された商品に物足りなさを感じる若者たちの中では、この元ハンドメイド作家の立ち上げた新ブランドに注目し口コミで人気を上げている現状があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です